« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

Orange&Banana のコンフィチュール

liquariceにとって一番思い入れのあるコンフィチュール“はちみつ”さんにコンフィチュールを置かせて貰うきっかけになったのも、このコンフィチュール。
liquariceの一番の自信作。
私にとってスパイスの面白さを実感したのもこのコンフィチュール。
果物をしっかり完熟させてから作る味の違いを知ったのもこのコンフィチュール。
初めて作った時、このコンフィチュールにはスパイスは入ってなかった...。
煮ていた時から、どうしても煮たバナナの香りが好きにはなれなかった。
冷めればいい香りになるだろうって思ってビンに詰めたけど、冷めても、また違った好きにはなれない香りが...。
バナナとオレンジという取り合わせはきっとオイシイはずなのに...。
そこで、このビン詰めになった好きにはなれない香りを放つ(^^;)コンフィチュールをどうするか考えた。
捨てるのはもったいないし。
取りあえず何か足してみようかな…。
単純に、香りを消すならスパイス。
シナモンが一般的だけど、私はクローブが好き。
スパイスが苦手な人でも少し入れるならシナモンより絶対馴染みやすいと思ってる。
甘〜い香りで、ミントを食べた時のような清涼感があって大好き。
取りあえずお鍋に入れてグツグツ...
クローブの甘い香りと、さっきまでイヤだったバナナの香りがみちがえるほど、おいしい香りに。
欲張りな私は、違うスパイスも入れたらもっと美味しくなるんじゃないかと、シナモンスティックを入れて煮てみた。
ほんのりシナモン。
コンフィチュール全体が引き締まる感じ。
大失敗かとおもったオレンジとバナナのコンフィチュールが、美味しくなった瞬間。
奇跡?!は続く。
自分用だし、面倒だったので、クローブもシナモンも、そのままビン詰めに。
ひとビン食べ終わって、2本目を開けたら、前とは違うとってもいい香り。しっかりクローブもシナモンも効いてるのに味も素材それぞれが馴染んでほんとにまろやか。熟成されて美味しくなるっていうことを実感。
何度かこのコンフィチュール作っていたある時、なかなかbananaが熟してくれなくて、斑点出る前のbananaで作ったら、明らかに甘みと香りが違う。色も食感も。(゜o゜;)
bananaの食感がジャガイモみたいな感じ。
こんなにも違いがハッキリ出るなんて!
とにかく私にいろんな驚きと楽しさを教えてくれたこのコンフィチュール。
毎回、このコンフィチュールを作るたび、買って来たbananaとにらめっこ。ギリギリまで上手に熟したら、orangeと一緒にコトコト丁寧に煮詰めて。
ビン詰めたら、ひとビンはフレッシュなうちに...
あとは時間がもっとおいしくしてくれるのを楽しみに。
今度はビンに詰まったコンフィチュールとにらめっこ....。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

伊予柑のマーマレード

伊予柑のマーマレード〜カルダモンとブラックペッバー風味〜
2月にもなると、そろそろ柑橘類はみかんから、伊予柑へ。
愛媛のいよかん...。
お友達のMちゃんの実家はたしか愛媛のいよかん農家だったよね〜最近連絡してないけど愛媛で元気にしてるのかな...などと思いながら...。
グレープフルーツのマーマレードを作るつもりでお買い物行ったけど、あまりにも高かったので、今回は伊予柑で作ってみる事に。
皮をむいて、実も袋から丁寧に取り出して、種は大事に布に包んで。
種にはペクチンが含まれているからジャムにトロみを付けてくれます。
まず皮を煮こぼす事2回。
グレープフルーツより苦味も少ないし、やわらかいので、ザルに上げたら粗く刻んでフードプロセッサーにかけて粗みじんに。
いよかんの爽やかないい香り。
鍋に戻して、果実とお砂糖、種を入れてアクを取りながらコトコト...。
いよかんはアクが少ないみたいで楽だわぁ〜
楽しくお鍋をグルグルかき回す私。
甘いいよかんの香り。
味見をして、美味しいけどなんだかちょっとぼやけた味。
爽やかさが無いので...カルダモンパウダーを入れてみる。
今日はスパイシーさも欲しい気分。
ホールのブラックペッパーを入れてトロリとするまでコトコト煮込みます。
いよかんの皮がどんどん透明になっていきます。
とってもきれい。
さっき入れたスパイスと、いよかんの香りがいい感じで香ります。
ジャムを煮ている時の一番楽しい時間。
たぶん(^-^)v美味しく出来ました。
あとは瓶詰めにして、時間とともに味が馴染んで、ホールで入れたブラックペッパーがどんな味を出してくれるかお楽しみ。
できたてのジャムも良いけれど、やっぱりジャムは保存食。
瓶の中で日々、美味しくなる気がする。
そして私はホールのスパイス入れるのが好き。
瓶の中で時間と共にじわじわ味を出してくれるから。
瓶をあける度に味のサプライズ!
美味しくなりますように...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

お昼過ぎから奈良へ行ったの。

今日は昨年はちみつさんのキャンドルナイトで仲良くなったTさんのきたならにあるカフェ&ギャラリーTへ寝子展-猫をモチーフにした作品展-を見に行きました。24日まで。
ようやくブログのアドレスカードを作ったので、ハナロジさんへ先に寄ってから行く事に...。
いつも素敵なお花がいっぱい。花束を一つ作って貰ったら、私用に小さい花束を頂きました。カワイイ〜o(^o^)o
お花貰ったのっていつ以来かな〜ハナロジさんありがとう。
こんな感じで飾ってます。
それから、ハナロジさんのお隣のレザーとシルバーのお店TEEPEへ。はじめまして。早速私のしていたワニのマフラーにオーナーさんが興味示してくれたので、ワニマフ自慢。きっと変な人って思われただろうな〜(^^;)
なんとなく今日は和菓子な気分なので向かいの"なかにし"で和菓子購入。まんまる奈良のシカ
イチゴ。
ちゃんと真ん中いちご味。
そして今日のメイン寝子展へ。先日作ったチョコトリュフを持って。
またまたここでもワニマフが話題に。Tさんのお母さんも巻き込んでしばらくお話。お母さんカワイイ。いいねぇ〜。
ギャラリーはもう猫がいっぱい。写真もいっぱい。猫好きにはなんとも頬が緩んでしまう感じ
Tさんがお茶入れて下さったので、たまたま来ていた陶芸作家さんと一緒にお茶をいただきました。いつもお茶ごちそうになってしまって。カフェなのに...。ありがとう。
猫の話から、お料理、陶芸作家さんの眉毛のある金魚の話まで。(見せて貰った金魚にはオレンジ色ボディーに眉毛とヒゲがしっかりありました。(笑))初めて出会ったのに仲良くおしゃべり。楽しかったです。
今度は一度オムライス食べに行きたいナ。
あっと言う間に5時を過ぎてしまったので帰り道凍ったら嫌なので今日はまっすぐ帰宅。
夕食後には、抹茶をたてて、和菓子をいただきました。
盛り沢山。当分和菓子は要らない(≧∀≦)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

プチ楽市無事終了。

まず初めにお詫びです。
ブログアドレスを書いたカード、今回配布していたのですが、アドレス間違っていました。
何とか自力でこのブログにたどり着いて下さった方々、ほんとにありがとうございます。
ご迷惑かけました。m(_ _)m
 
最終日は、ほんとに良いお天気でしたね。
夜に焼いたオレンジマカロンのチョコレートクリームサンドとハートのビスキュイオレンジクリームサンドを追加で持って行きました。
最終日も開店から凄いお客さん。うさぎポーチも嬉しい事にそれぞれ新しい飼い主さんの所へ旅立ちました。ほんとに嬉しい事です。ありがとうございました。
私も最終日は、お目当てのASHさんのパンをしっかり買って、スキを見ては、Feels like homeさんのパンを買い、
ネコムラさんのテントウ虫付きの一輪挿し?のテントウ虫の顔に心を奪われ(*^_^*)
(私はまんまるな顔立ちに離れたつぶらな瞳。線だけで描いた口元に惹かれるみたい。見ているだけで幸せ〜。ネコムラさん、私の心をワシ掴み〜テントウ虫完璧です。o(^o^)o)
そして、南果さんのカレーを食べたり、楽市しっかり満喫しました。
今回嬉しかった事を一つ...池崎さんに、ちょこっと写真の撮り方質問したら、なんと私の作品を使って丁寧に撮り方教えていただけました〜。池崎さん面白くてダンディーな素敵なおじさまです。プロの方に教えていただけるなんてなかなかないもの(*^_^*)
手直にあるもので凄くきれいな背景になるアイデアなんかも教えて貰えたし、もぉ〜ほんとに感激でした。果たして私はこれを再現出来るのか!?問題ですが…。
そして、sundey peopleさんのもう気の遠くなるようなエコバックのポケットのふちかがり。
使う為というより眺める為に購入しました。
あっという間の2日間、暖かい日差しの南果の2階で作家さんやお客さん達と和やかに楽しくお話して、楽しく過ごす時間...。
いいですね。
皆さんお疲れ様でした。
これからもよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

南果−プチ楽市−1日目

  南果2階上がってすぐ!バナナチョコレートブラウニーと、りんごと、ゆずのジュレ
本日のお買い上げ〜美味しそうなお菓子たち…
sonoki maikoさんの焼き菓子詰め合わせ。ちきんさんのスノークッキー。南果さんからいただいたクッキー。手書きのイラストがちょこっと袋にかいてあるのが嬉しいo(^o^)o
私にとっては1日目のプチ楽市。
でも昨日の雪で我が家の周りは雪国だったりして、ドキドキで車で出発!
奈良は雪少なかったみたいでホッとしがら無事到着。
急いで準備。
開店と同時にたくさんのお客さんが((((゜д゜;))))焦る私。
声かけていただいてお話したりあっという間に時間は過ぎていく。
今回いつもと違う雰囲気の作品なのでどんなふうに見て貰えてるのか心配していたけどウサギポーチ結構普通に受け入れられていたような…そんなこと思ってたのは私だけσ(^_^;)?
うさぎとネコマフラーは、私が密かに思っていた方々の首にそれぞれ巻かれる事になりました。うれしいな。いつもありがとうございます。
と、きょうはここまで。
予想に反してチョコレートバナナブラウニーがほぼ完売してしまったので今から追加で焼き菓子作ります。何作ろうかな。
お楽しみに。
また明日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

ユズのジュレ

ゆず胡椒で残った部分を使ってコトコトエキスを煮出してみたときのレポート。
黄色のクラゲがプカプカ〜してるみたい。
なんともとてもキレイな黄色になってきた。香りもいい〜
キッチンはユズの香り。
いいね〜
何だかもうとろみがあるような感じ。このままお砂糖入れてゆず湯にしたらおいしいかも...。
とても柔らかくなったのて゛、ボウルの上にザルにフキンを敷いたのをのせて...
真ん中のツブツブは種。
ゆずっていっぱい種があるのよね〜。
種の周りにペクチンがたくさんあるらしいから、ジュレ、しっかり固まりそうな予感。期待しつつ一晩置きます。
黄色のとてもキレイなエキスがとれました。
お砂糖入れてコトコト...アクをとらながら煮ます。
だんだん透明になってとろみが出て来たら、出来上がり。
仕上げにユズの皮の千切りを入れてみたりしました。
初めて作ったにもかかわらず、大成功(*⌒▽⌒*)
瓶詰めにします。
あとは瓶ごと煮沸して...。
また来年、ユズ胡椒の季節になったらユズのジュレも一緒に作ることにしょうかな。
年に一度のお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴのジュレ

去年から私の好きな事に加わった1つ。
リンゴのジュレを煮ること。
 
リンゴを皮と種付きのままコトコト煮て...。
キッチンじゅうがリンゴの香りに包まれる。
くずれるぐらいまで煮たら、布を敷いたザルにあけて、触らずアセらず一昼夜...。
翌日...リンゴの香りも味もしっかり閉じ込めたエキスはほんのり甘いリンゴジュース。
お砂糖入れて、ていねいに、アクをとりながら煮ていくと、不透明だった液体が、ほんのりピンクの透明に...。
キッチンはふたたびリンゴのとってもいい匂いに包まれる...。
まだまだゆっくりコトコト煮詰める...
出来上がったら、透明のジュレを、お気に入りのガラスビンに詰めて、逆さにして私はキッチンの窓辺に一列に並べる。
行儀よく並んだビンがなんだかかわいい。ゆっくりと時間をかけて、“できたぁ〜”っておもうホッとした気分がなんとも心地よい...。
そして次の朝、窓辺のジュレ達は、朝日に照らされてキラキラ透明。
そっとひっくり返してたビンをもとに戻して、中の気泡を上の方へいくようにトントン手のひらでたたいてみたりする。
手のひらの上に乗せて光にかざしてみたりもする。
この時の私はたぶん変なひと。絶対顔がニヤけてるはず。
じゅうぶん楽しんだら、大切に棚に閉まっておく。
そして、少しビンに詰めないで置いておいたジュレを1スプーン。口の中へ...。
すぅ〜っと溶けて、リンゴの味と香りが広がったら大成功!
まだ、毎回成功とは行かないけれど....。
私の大好きなアメリがクレームブリュレの表面のアメをスプーンで割る瞬間が好きっていってたみたいな。
小さな幸せを感じる時間...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »