« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月25日 (土)

黒糖とチョコレートのビスコッティ

黒糖とチョコレートのビスコッティ

勝手にビスコッティブームはまだまだ止まらない。
またまた本に載ってたレシピを試作。
黒糖とチョコレートのビスコッティ!
レシピに載ってたマカダミアナッツ買いに行ったらなぜかマカダミアナッツだけ売り切れ
(゜Д゜‖)
何かテレビでやってたのかな?
しょうがないのでカシューナッツにすることに....
 
チョコレートも、買い置きしておいた美味しいブラックチョコレート♪♪
黒糖は奄美大島出身の方から母がいただいたのがあったし。(自家製でおばあちゃんが家用に作ってるらしい。さすが奄美だわ...)
贅沢な材料(マカダミアナッツが悔やまれる)〜♪♪
 
 
一度目の焼きあがり。
チョコレートのいい香りがオープンからしてきて幸せ〜
 
カットはチョコレートが柔らかいので切りにくいし崩れやすいので大変(・・;)
 
何とか切って、2度目の焼き。
出来あがり〜
焼きたてはチョコレートが固まってないからそのままそおっと放置。
 
チョコレートの香りだけが私を誘惑〜〜〜
 
グッとガマンO(><;)(;><)O
 
お味は...
カリッとじゃなくてザクッとお菓子のチョコフレーク固めたのみたいな感じ。
ザクザク食べやすいのでついつい食べ過ぎに注意!
ほんのり黒糖風味がチョコだけとはまた違うコクがあっておいしい。濃厚です。
自家製黒糖のせいかな...
一度きりの特別なビスコッティ。
次はマカダミアナッツで作ってみよう(^-^)v
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

イチゴと甘夏のコンフィチュール

おいしそうないちごが手に入ったので、いちごのコンフィチュールを作ることにしました。
一緒に買った無農薬の甘夏も加えることに。
 
イチゴのコンフィチュールに柑橘類を合わせたのが私は好き。甘夏は初の試みだけど。
 
ヘタを取ったイチゴを分量のお砂糖と一緒にボウルに入れて、マリネ。時々かき混ぜながら、イチゴの水分を出します。
その間に甘夏を剥いて皮は1センチ幅に切って何度もゆでこぼします。
程よい苦味になったらフードプロセッサーにかけて細かめの荒みじんにします。果肉は剥いておきます。
下準備をしている間にイチゴからは水分が出ていい感じ。
イチゴの香りもグッと出て来ます。
甘夏の皮を加えてお鍋でコトコト...
 
アクを取りながら...
アクもピンク♪
 
真っ赤でキラキラおいしそう。イチゴの香りがキッチンに広がります。
 
 
アクが少なくなって少し煮詰まって来たら、甘夏の果肉を加えます。
ひたすらアクを取りながら煮詰めます。
普通ならここでペクチンを加えたらトロミもつくからいいと思うけど...、
私はひたすらコトコト煮込みます。そのほうがギュッと果実の味が凝縮したコンフィチュールになるから...
絶対美味しいもの♪
その代わり出来上がる量がかなり少なくなるけれど...。
 
トローリ真っ赤なイチゴと甘夏のコンフィチュール。
甘夏の果肉も、皮も赤く染まってガーネット色のコンフィチュールが出来ました。
 
甘いだけじゃない甘夏の苦味も、効いた大人のイチゴのコンフィチュール。
ゆっくり味わうと初めはイチゴで最後は甘夏マーマレードの味。
濃いめの紅茶に入れてロシアンティ〜や、ちょっとこだわった天然酵母のパンなんかにぴったりなんじゃないかな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

キノコの森と仲間たちTシャツ♪

キノコの森と仲間たちTシャツ♪
キノコの森と仲間たちTシャツ♪
キノコの森と仲間たちTシャツ♪
キノコの森と仲間たちTシャツ♪
キノコの森と仲間たちTシャツ♪
キノコの森と仲間たちTシャツ♪

ほぼ一年前にオーダーいただいていたTシャツ。
いつでもいいって事に甘えてしまってついつい先延ばしにしていたのがようやく完成。
今シーズンに間に合ってよかった...(^_^;)
昨年のモーモーカメラTシャツの女の子バージョン。
 
“きのこの森と仲間たち。〜きのこをどうぞ〓〜”カメラ付きTシャツ。
 
カメラは裏がファスナーになっていて、ちょこっとしたものなら入れられます。
女の子仕様なのでストラップは、チェーンとビーズでネックレス仕立てにしてみました。
 
Tシャツの裾にはヨーヨーキルトをグルッと付けてキノコの傘部分みたいに...
(デコラティブな感じすぎ?(^^;))
オーダーいただいたkさんに似合うと勝手に決め込んでヨーヨーキルトくっつけてみました。(気に入っていただけてホッとしましたが...。)
 
キノコはアップリケ。
バンビちゃんだって居ます。
 
そして、どうしてキノコをどうぞなのか....
それは、カメラのレンズに映るキノコを持ったうさぎさん。
このTシャツ着た時に、うさぎさんからキノコをどーぞとプレゼントされたら.....
胸にぶら下げてるカメラのレンズに目の前のうさぎさんが映りますよね〜
そんな一瞬。
もう怪しい妄想の世界ですね...(笑)
そんなこと思いながら作りました。
 
↑ちゃんとレンズ入りなの〜♪
少しのアイデアをいただいて、オーダーの作品を作る。
私の勝手なイメージと、感覚で出来上がりがどうなるかわからないにもかかわらず、楽しみに待っていただける幸せ。
kさん、ほんとにありがとうございました。
これからのシーズン大活躍のTシャツになってくれたらうれしいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

ちょこっとお花見

先週の日曜日お花見行きました。
場所は奈良公園。
もう満開は過ぎてかすかに桜が残ってるぐらいでした。
私の家の近くは標高が高いので(笑)、満開だったけど。
こーんな感じ↓
とにかく広い公園にお弁当広げたかったの。
 
フツーのメニューをちょっとお花見っぽく詰めて、カゴに入れて....
 
日差しが強かったので木陰に場所を決めました。
 
お弁当メニューは
桜と白ごまのおにぎり(家に生えてた三つ葉の葉でくるんで桜餅風。)
小粒黒豆の玄米ごはんおにぎり。
トマト風味のチーズ入りコロッケ
竜田揚げ
しいたけのフライ
だし巻きたまご
マカロニサラダマスタード和え
グレープフルーツフルーツとセロリとパプリカのマリネとニシンの酢漬け。
黒糖とチョコレートとナッツのビスコッティ。
オレンジ。
 
犬連れの家族が連れてた黒いフレンチブルドックの様子がオモシロかったのでずーっとその姿を見ながら....
 
久々のお弁当作りも楽しかったし、やっぱり外で食べるごはんっておいしいね〜(^-^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

優雅な晩餐(^-^) 人(^-^)

優雅な晩餐(^-^)<br />
 人(^-^)
優雅な晩餐(^-^)<br />
 人(^-^)

BARON PHILIPPE DE ROTHSCHILDメーカーズワインディナーに行って来ました。
今回初めてのロテルド比叡でのディナー。
しかもシャトームートンロスシルド1999年のワインがいただけるらしい。
あまりワインのことは解らない私。でもお料理にもつられて、お友達のお誘いにのっかって行く事にしました。
 
よいお天気だったのでお迎えのバスから琵琶湖の夜景がすごくきれいに見えて気分upo(^o^)o
今までのワインサロンにはない大人数にまず驚き((((゜д゜;))))
 
メニューを見てまたまた驚き((((゜д゜;))))
何だかすごい場所に来ちゃったな〜と思いつつ....。
 
ワインはロスシルド社のワイン5種。
グラーヴ バロンヌ シャルロット2007
マプ ソービニオン ブラン2008
カラバス シャルドネ2007
シャトー ダルマイヤック
シャトー ムートン ロスシルド1999
今回ゲストのロスシルド社のマネージャーのアントニーグルメル氏がワインの説明をしてくださいました。
イケメンのmen'sです。(≧∀≦)
英語も聞き取りやすくてgoo〜
同じテーブルの方々もよい方ばかりで楽しくお話しながらディナー。よかった(^_^;)
 
お料理は...
 
↑小さな温かい季節のスープと地元京滋野菜、果実やハーブ、こだわり卵のポーチ、比叡山から見える大地の恵みの“ロテルド比叡風”アミューズ、マグレ鴨のコンフィーを添えて
 
熟す前の白いイチゴを野菜感覚で食べたのが新鮮な感じでした。
 
↑海の幸のひと皿、オマールエビ、桜鯛、カツオ、ヤリイカのドミノ仕立て、レモントマトゼリーに旬の春野菜のサラダフルーリー
前菜2皿。
 
メインがなんと!3皿。
 
↓活ホタテ貝柱とフランス産フォアグラをのせた、アイナメのマリエール風小さな春野菜と旬の貝類をちりばめて、貝殻のフルーロン添え
 
↓アンジュ産仔鳩のロティに、フランスのプティポアのエスプマソース 新タマネギのキャラメリゼに、黒トリュフのくーりーと山椒のジュ
 
仔鳩最高〜o(^o^)o
玉ねぎのキャラメリゼがとても甘くておいし〜
このお皿が一番好きだった。
 
↓極上雌牛ブランド、近江牛ロースのパヴェにシブレットでおおった蜂蜜のマスタード、カベルネワインのソースにトウモロコシのパレ、ベビーコーンのコンディマン
 
トウモロコシのパレが甘くてこしあんみたいな食感のパンケーキみたいでおいしかったな。
ワインもいただいて、さすがにお腹いっぱい。
 
↓デザートは
ショコラタルとにチェリーのブロシェットとキルシュのアイスクリーム
 
ミントティーと一緒にいただきました。
 
小菓子もあって、小さめのマカロンとカヌレ。
 
とにかく盛り沢山。
ムートンのワインはやっぱり香りがとてもよかったな〜グラスから直接香りをかがなくてもフワッとベリーのような濃厚な香りが漂うし。ワインの事はよくわからないけど、いいワインだなぁ〜ってなんとなーくわかる感じ。ワイン通な同じテーブルの方々はだいぶ興奮気味でワインを語ってらっしゃいました。
ちよっぴり背伸びしながらの大人のお食事会でした。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

桜と抹茶のビスコッティ

桜と抹茶のビスコッティ

先日のココナッツのビスコッティの出来がよかったから気分がよくなったので、抹茶と桜のビスコッティ作ってみることにしました。
先日の酒粕クラッカーの載ってた、オーガニックレシピ。
ココナッツのに比べてものすごくお手軽。
帰り道アーモンドを買って帰って、冷蔵庫にあった抹茶と、昨年の春に作った桜の塩漬け、テンサイ糖と卵、ベーキングパウダー。オイルは使わないらしい。
ぐるぐる順番に混ぜて、天板に乗せて、手に水付けてなまこ型に形整えるだけ。
あとはオープンに入れて...
少しふっくらした焼き上がりの緑色のパン(に見える)をスライスすると、きれいな緑と桜のピンク。抹茶の香り〜
再び天板に乗せて...
低温で乾燥焼き。
夜ご飯の後に作り始めたので、オープンの出来上がりましたよ〜〜の
ピピピッ
の音だけ聞いたらそのまま朝まで放置。
 
朝起きてオープン開けると、
カリカリの少しダークな色合いになったグリーンとピンクのビスコッティ。
ココナッツのビスコッティと比べると、カリカリアーモンド&ガリガリ固めの食感、甘さも控えめ、抹茶の香りと苦味もしっかり残ってる。
私のイメージしてるビスコッティの食感。甘み。
好き。
今度は違う味でも作ってみたいな〜
なんてったって簡単だもん。
ふんわり桜の香り
ちょっと桜の所が塩味の桜と抹茶のビスコッティの完成〜♪
 
大きめの瓶に詰めて...
今、満開の山桜の前で、パチリ。
お花見に持って行きたいお菓子。
コーヒーより、緑茶にあうかな。
桜が咲いたらお花見行こう。
山奥に住んでいるので、お気に入りの桜の公園のお花見はまだ少し先。
楽しみになってきたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »