« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

お知らせです。

お知らせです。
お知らせです。
お知らせです。
お知らせです。
お知らせです。
もう少し前になりますが、Tシャツ展、見に来ていただいて、ありがとうございました。
今回は、手を加え過ぎて、何だか着るにはもったいない?〜なんてお声もいただきました(^_^;)
でもでもこの夏、是非とも着ていただきたい...
注目の的になるとはおもいますが...
来シーズンからはシンプル志向に方向修正する予定です(*^_^*)
出来るかな〜〜。

そして、引き続きcocoaさんでは、Tシャツを販売していただいてます。
cocoaさんのHPの、インターネット通販にもアップされているので、是非ともご覧下さいね。

cocoa

530-0016大阪市北区中崎3−1−9
TEL&FAX 06-6374-0085
  
URL http://www.zakkacocoa.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

トリバッグとトリサシェ

トリバッグとトリサシェ
トリバッグとトリサシェ
トリバッグとトリサシェ
トリバッグとトリサシェ
トリバッグとトリサシェ

MASALAさんでの企画展始まりました。(^-^)
突然舞い込んだお話。
地球子供基金の絵とコラボレーションして何か作っていただきたいとの事。
こんな事ではイケナイけれど、ボランティア分野にはめっきりうとい私。
子供地球基金?!なんとなく聞いた事あるぐらい....。
急いで調べて、まずはお話を聞きに行く事にしたのが5月。
お店に伺い、フランスの女の子が描いたトリの絵(題名は無題なので違うかも!)を、何か形にしょうとMASALAさんと、今回ご紹介していただいた方と3人で色々考えて、バッグと、サシェを作る事に。
そして、この絵から浮かんだのが↑写真のバック。
この絵は空間の赤が印象的だったので、本来トリにはあまり使われていない赤をたくさん取り入れてみました。
サシェは、MASALAさんのオリジナルの香り入り。
(写真は綿が入っていない状態です。コロンとフワフワ手のひらに収まるサイズ。)
頭の毛がチャームポイント♪
一番原画に近いトリ。
リネンのトリ
フェルトとチュールレースで羽模様。
オーガンジーリボンでフワフワ。ちょっとサンバの衣装みたい...
裏側は無地に文字だけ。
ここから香りを入れます。
夏なので、できるだけ爽やかな素材と、イメージで制作しました。
この絵を描いた女の子に見せたいな...
どう思ってくれるなぁ...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

突然ですが、企画展のお知らせ。

縁あって、北浜に新しく出来たカフェ MASALAさんから、お話しをいただいて、このようなコラボレーション企画に初挑戦です。
 
元の絵を崩さずに、でもliquariceらしい、そしてMASALAさんのイメージに合うもの...
いつものliquariceとは少し違う作品達が出来ました。
是非ご覧下さい。
 
 
“子供地球基金とのコラボで世界23カ国の子供の絵を展示”
 
 7月21日〜9月20日
 
> カフェ MASALA 
> 〒530-0047
> 大阪市北区西天満1-2-24 1F
> Tel  06-6360-3813
> Fax 06-6360-3823
> 
 
> 国によって異なる生活環境や、そこから育つ子供の感性や感覚を絵を通 して感じながら、束の間大人も純粋な気持ちを取り戻し、
 はたまたよその国を旅しているような感覚に陥って
> いただくことが展示の目的です。
>
> リース展示する絵のリース代は、絵を描いた子供たちの国に還元され、 なんらかの形で彼らの成長のサポートとなります。
>
> 目で見て感じる子供たちの感性を、日常の生活の中でも感じていただく ために、
 展示する絵の1枚、フランス人の女の子が描いた可愛い、
 そして色鮮やかな鳥をモチーフにして、liquariceさんに限 定1点のバッグに制作していただき、そこから広がるグッズとして同じ鳥を5パターンの手 の平に入る布製のサシェにも。 
 
 当店のテーマである5種類の香りを詰めて販売いたします。
 
> 同時にインドの子供の絵をチャイのパッケージにして、
 当店のオリジナ ルチャイを販売。
>
> 今回はこうした子供たちの感性を、絵の展示とオリジナルグッズの制 作、
 販売2つの方向で、さまざまな価値観を知り、世界の旅を楽しむという当店の
 コンセプトとイメージを伝え ることが目標です。
>
売り上げの10%をMASALAが子供地球基金に募金します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »