« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

山椒佃煮。

山椒の佃煮作りました。
 
この時期、一年分の山椒を煮てストック。
 
出来上がったら冷凍保存。
 
今年は、忙しくてあまり作れなかった(^_^;)
 
 
色んな作り方を試した結果、
 
 
山椒をたっぷりのお湯で茹でて、山椒の辛みを少し弱めの好みの辛さに調整してから、
 
 
ヒタヒタのお水と、お酒、みりん、薄口醤油少しのお吸い物みたいな煮汁で
 
 
紙の落とし蓋して弱火でゆっくり煮詰め、
 
 
少し煮汁が残るぐらいで一晩置いて、
 
翌日、薄口醤油を少し足して、ほんのり塩分を感じる程度の薄味になるよう少し煮たら半日日置いて
 
夜、火にかけて、ほんの少し煮詰めて仕上げます。
 
 
辛み調整してあるので、そのままごはんにかけても、刻んでドレッシング、バターに混ぜてパンや、お肉やお魚焼いても。
 
煮物にもプチプチ山椒の実たくさん入れられます。
 
 
これからの時期、ウナギ食べる時にも、包丁で細かく刻んで...。
乾燥の山椒より、かなり香りも風味もよくなります。
 
 
万能調味料の一つです。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

ひとりでぶらぶら。

ひとりでぶらぶら。
ひとりでぶらぶら。
ひとりでぶらぶら。
ひとりでぶらぶら。
ひとりでぶらぶら。

 
久しぶりの美容院。
ロングヘアーになると美容院行く回数が減る私。
 
カラメル“かなり多めプリン”状態になってた髪をちゃんと染めて貰って、傷んだ毛先をカットして、ツルッつるの髪に。
 
仕上げに、コテで、クルクル巻いて貰って気分上々(^-^)v
 
 
前から行きたかった西大津辺りのお店を探検しましたよ。
 
 
まず
 
下坂本の薪窯パンの“ボンリジェール”
 
薪でパン焼いてます。
 
店前にはこんな看板???
 
聞くと、びわ湖産天然ウナギのサンドイッチがご用意出来ますとの事。
 
年に5回入るかどうかのびわ湖ウナギ。それで作るサンドがある日は...かなりラッキーday♪
少しお高めだけど作っていただきました。
 
(注文してからウナギをソテーして仕上げて下さいます。
待ってる間だんだんいい香り。)
 
 
中はウナギと、リーフレタスとタマネギとクルミが一番奥に一列並んでます。
 
酸味の効いたソース(マリネ液みたいな...)と薪の香りのパンが最高〜〜にあっていて、クルミがまたいい感じ。シンプルだけど、すっごくいいバランス。
 
美味し〜い ♪
次はいつあえるのか...
 
他に買ったパンも美味しくて、お気に入りのお店になりました。
 
 
次に、奥比叡山ドライブウェイの近くの棚田の中にある一軒家カフェ
 
“キマッシ”
 
 
山際に家が段々へばりつくように建つ集落。道だって細い。
 
一度道を間違って、一波乱起こした後、ようやくたどり着きました(^_^;)
 
懐かしい木造一軒家。
おばあちゃん家みたいです。
引き戸を開けるとチリリリ〜♪と音がします。懐かしい〜〜
 
中も畳がフローリングに変えられている以外はそのまま。
ソファーもテーブルも昭和な感じ。
 
柱時計がチクタク音を出しながら、たまにボーンと鐘を鳴らしてこのリズムが心地よい。
 
窓から見える棚田の、青々とした稲と土手。山の新緑。
青い空。
 
ここで遅めのランチ。
 
タンドリーチキンカレーと、自家製ナン。
 
キウイジンジャーソーダ。
 
 
どれもとても美味しくて。
居心地のいい場所。
本もたくさん置いてあります。
 
 
2階には、カフェの席とギャラリー。
今はペット写真を展示。
 
窓からは
 
 
棚田を見下ろす。
 
秋にまた来たいな。
 
 
ゆっくりしたあと、
 
堅田のあたりにある
 
パン屋さん“モグモグ” 
 
白いかわいいお店。
 
ハード系のパンと、ソフト系のパンがバランスよく置かれてて、毎日食べられる素直に美味しいパン。
 
レーズンとクルミの入ったハード系のバトン状のパンと、お家では、グリッシーニが好評でした。
 
そして、最後に、
三井寺近くの等正寺境内にある“佐知'spocke”
 
キャラメルシフォン。
 
キャラメルソースがしっかり焦がしてあるので、ウワサ通りの大人味。
 
おやつにまた食べたいな。
 
お寺の中のケーキやさん。
 
この日は、お寺の用事で、このケーキを作ったお嫁さんは不在。
お姑さんがお店番してらっしゃいました。
 
お嫁さんに用事なかったら他にもケーキあるのかなぁ〜
 
また行ってみよう。
 
 
オイシイ1日。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

シソシロップ。青梅とリンゴのサワ−シロップ

 
 
 
待ちに待った赤シソと梅のシーズン。
赤シソは、まだ家のは採れないけれど、ちょっと待ちきれなかったので、買ってきて、赤シソシロップ作りました。
 
まだ、お湯で煮てお砂糖入れただけ。
後で、クエン酸と塩糀で仕上げます。
 
 
そして、木から落ちてしまった青梅と、リンゴと、氷砂糖と、リンゴ酢で、サワーシロップ仕込みました。
 
ちょっとお砂糖多いかも?
青梅とリンゴの50%。
今年初めて漬けるので、梅シーズン中にベストレシピを完成させよう。
 
お砂糖溶けたら一応飲めるようになるらしいので、あと2日ぐらいかな〜。
 
フタを開けるといい香り。
美味しいシロップになりそう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーの国のネコ?

まだまだ傷の通院中。
 
これで、最後の包帯にしましょうね〜と言われ、
 
診察室から出て来たボタン。
 
 
黄色い包帯が、やけにこんもり巻かれている。
 
それは...
 
あの....カレーの国の...
 
ダーバン!
 
見た瞬間、まさしくそれにしか見えなかった私は診察室で大爆笑。
 
ちょっと美意識の高いボタンは、笑うと嫌〜な顔する。
 
さすがに18年お付き合いしているのて゛それがまた解るから、また笑えてきて....
 
不謹慎な飼い主。
まぁ、もう大丈夫だってホッとしたのもあるけど。
 
 
額には(怒)マークがでてきたので、ぐっと笑うのガマン。
それも解る。
 
 
以前大好物のアイスクリーム食べて、冷たすぎて舌がつったのを笑ったら、3日ぐらい避けられ、それ以来アイスクリームをたべなくなった。
 
ある日は、どーしても犬用服で、ボタンに似合いそうな黄色のパーカーを見つけたので、
ちょっと着させて〜〜〜って着せたら、
 
すごく似合ってたし、
 
“めっちゃ男前やん〜♪”
 
を連発したら、
 
そのままご満悦な顔で、服来て外へ遊びに行ったりする。
 
脱がない。
脱げないのでもない。
着ている。
 
たぶん近所の人はビックリだったはず。
 
普通のネコは、服を着せたら動きが止まるか、後ずさり、暴れて脱ぐ。
 
ちょっと変わったネコのボタン。
 
カッコいいと男前〜〜〜を理解しているのか?
私の言葉を全部理解している気もする。
 
そんなボタン先生に、帰って写真撮らせて貰った。
 
 
 
嫌〜〜〜な顔
 
 
撮られたくなくて逃げる。
 
 
 
喉が渇いた.....。
 
 
この後翌日、大変な事に!
 
包帯がキツく締まってきたらしく、耳の付け根がスレて、小さく腫れて熱が出て...
 
耳周りを切ったら、熱が下がって、ホッとしたら、
 
翌日、朝からまた頭が熱くなってぐったり! 
 
もうどうにでもなれと、包帯取ったら、どうやら、頭全体も締まっていたみたい。
 
キズはずいぶんちいさくなってる...
 
しかも中は分厚い脱脂綿に覆われていた。
 
そりゃあ暑いよ。
 
ゴメンねボタン。
 
 
なぜもう最後の包帯でこんな綿と黄色の伸縮包帯が必要だったのかは謎。
 
それまでは、伸びない接着包帯だったのに...
 
あやうくこんなことで、ボタンに何かあったら、ほんとに笑えないよぉ。
 
病院行ってるからって安心しちゃ〜イケナイ!
 
 
長生きしてね。ボタン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

発見!RAJA 。

地元のインド、ネパール料理店「RAJA」。
 
開店当初は、以前から行ってた伊賀市のアリーハのご夫婦が、移転して、インドカレーでも、野菜の炒めが浅めのあっさりカレー。
 
 
しばらくしてから行くと、お店もメニューも一緒だけど、出て来たカレーはじっくりタマネギ炒めたコクのあるカレーになっていて...お気に入りの味。
 
 
そしてまたしばらくして行くと、店名がGANGAになって、また以前より少し違うカレー。
 
 
RAJAのカレーが食べたいなぁ〜〜と思っていたら...、
 
 
最近愛猫ボタンの治療の為、伊賀市へ通院途中、
 
なんと!大きな看板にRAJAって書いてある。
一年前ぐらいからこの看板はあったけど、もう一軒あるインド料理店のだと思い込んでちゃんとみてなかった...(笑)。
 
 
RAJAを見つけて、うれしくて、早速mちゃん誘って行って来ました。
ランチ\1100
マンゴーラッシー付けでも\1200
 
久しぶりだけどやっぱり美味しい〜〜
 
またお料理してる人は違うけど(笑)
背の高いちょっとイケメンのインド人っぽいシェフに、
 
小さくてコロンとしたカレー仕上げ担当の人。
 
小さくてひょろりとしたインド人っぽいアシスタント。
の3人で厨房に居ます。
 
 
(アシスタントさんは、ラップや、アルミホイルがうまく切れなくて毎回シワシワにしたり、
レンジからアツアツのお料理をアツアツしながら持ってきて、
素手でラップをはがして蒸気で火傷しそうになったり、
頑張ってるんだけど、
とにかく不器用な感じなので、
オチオチ調理に専念出来ないシェフとのやりとりが面白かった。)
 
 
オーダーしてからタンドールでお肉焼いてくれるので、時間はかかるけど美味しいです。
 
 
相変わらずのゆるい食器使いは健在で、スープのお皿は、ピンクの桜の小鉢でした(^-^)v
 
ずいぶんオモシロ食器減ったけど。
 
 
お店も、元居酒屋のよーな...畳敷きの部屋もあります。
 
所々“和”が見え隠れ。
 
間違い探しみたいです。
 
今度はネパールの一品料理も食べてみたいな〜〜。
 
 
インドネパールレストラン
RAJA
 
三重県伊賀市西の澤1044-2
 
 
名阪国道 壬生野IC近くにあります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

お知らせ〜自分新聞展。

お知らせ〜自分新聞展。

6月29日(水)〜7月11日(月)
オープン:11時〜18時。
         火曜日休み。 
 
南果 2Fにて展示。
 
詳しくは、
 
 
 
様々なジャンルの人たち30名ぐらいの自分新聞。
 
liquariceも作りました。
 
 
liquariceは、
 
山のふもとに仕事場の、日々起こるちょっと気になる小さな楽しい風景切り取った、
 
[UTUROI〜ウツロイ〜NewsPaper] 
です。
 
 
何でもないほんとにどーでもよいお話なので、
 
新聞自体も、ゆらゆら〜
風に吹かれて、グルグル回ったりします。
 
 
読まなくったっていいです。
 
 
ぼーっと眺めてるだけでも何となく内容が解ります。
 
 
もはや新聞なんでしょうかね〜〜〜。
 
 
 
他の方々の素晴らしい新聞のついでに、チラッと横目ででも
みて下さいね。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドシャブリ・マンツーマン・小籠包。

土曜の夜、富雄にある台湾・・・。
 
ウォロンファン。で屋台気分でよるごはんに誘って貰いました〜(^-^)
 
 
少し前に移転オープンしたそうで...
 
といっても以前のお店閉店からはずいぶん経つけれど...
 
 
前のお店は、
 
よくしゃべるにこやかな熱いおっちゃんと、
 
絶妙なお鍋使いの蒸し方と、
 
バナナをずっと食べてたおっちゃんのお友達のイメージ(笑)
 
 
ずいぶん経つけどおっちゃんはそのまま。
 
熱い情熱の料理人でした。
 
 
できたての本当の美味しさを食べて貰いたいと、
 
すご〜〜い熱意で、
 
結局ドシャブリの中、みんなで、店の軒先で、小籠包を食べることに。
 
私は特等席?の店頭の商品受け渡し口で、おっちゃんのマンツーマンの指導と監視(笑)の元、いただきました。
 
 
いろいろあったけれど、
 
今までで一番美味しい小籠包でした。
小籠包って、デリケートな食べ物なんですね。
 
おっちゃんありがとう。
 
 
また食べたい(≧∀≦)
 
 
その後、雨で急遽チロルさんでテイクアウトしたお料理食べました。
 
 
デザートはイチゴソースの杏仁豆腐。
 
どれもこれも、ウマウマ〜〜〜〜〜
 
 
 
 
突然の雨とおっちゃんの情熱ですっかりお疲れにさせてしまったチロルさん。
 
ほんとにありがとうございました。
 
もういつもの元気なチロルさんに戻れたかしら...
 
 
ちなみに、絶妙な鍋使いの蒸し物の仕方は、富雄でも健在でした。
 
 
思い出に残る一夜でした。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チャリティーマーケット終了しました。

 
当日は朝から雨。
 
それにもかかわらず、早くから沢山のお客様に来ていただいて、ほんとに賑やかなマーケットでした。
 
liquarice遅刻気味で到着したため、始まりの頃に来ていただいたお客様にはご迷惑おかけしました。
 
チャリティー用コンフィチュールとシロップも沢山の方々に手にとって貰えてとてもうれしく思いました。
 
 
 
売り上げの50%を、南果さんにチャリティー支援としてお渡し致しました。
 
今回のマーケットで、\41400の義援金が集まったそうです。
 
支援先など詳しくは、南果ブログにて掲載されております。
 
ほんとうにありがとうございました。
 
 
今回、遅刻でテンパってたのか、マーケットの様子の写真を取り忘れてました...。
 
こんな作品を持って行ってました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

明日は、チャリティーマーケット

 
明日は、以前お知らせした南果さんでの東日本震災チャリティーマーケットの日です。
 
チャリティー用にliquariceは、コンフィチュールを作りました。
 
いつものまあるい瓶じゃなくて、スッキリフォルムの瓶。
 
コンフィチュールの中で、透明で、香り豊かで、一番大好きなジュレだけど...
 
手間がかかるのでなかなか作れなかったけれど、久しぶりに、つくりましたよ。
 
自信作です。
 
 
左から...
 
*レッドグローブのジュレ。
 
皮ごと食べられる赤紫のブドウレッドグローブの皮一粒ずつ丁寧に剥いて、皮だけをコトコト触ったら煮崩れるぐらいまで煮込んでブドウ由来のペクチンと、香りと風味が溶け出した煮汁に、お砂糖を加えて煮ると、透明で、ブドウの風味いっぱいのゼリー状のコンフィチュールが出来上がります。
 
ブドウの果肉も加えて、赤ワインのような深い味わい。
口に入れるとスーッと溶けて、口の中いっぱいにレッドグローブの香りと味わいが広がります。
 
限定2個
 
 
*リンゴとブドウのジュレ〜カルバトス風味〜
 
リンゴはどこに入ってるの?と思いますが、リンゴをコトコト煮崩れるまで水から煮て、そのリンゴの風味や、味わい、ペクチンが溶け出した煮汁に、お砂糖を加えて作った贅沢なリンゴのジュレに、レッドグローブのジュレと、果肉をプラスして、仕上げたコンフィチュール。
 
透明ジュレは、ゆるめのゼリー状。
リンゴとブドウ由来のペクチンだけで固めてます。
 
一口食べると、スーッと溶けて、リンゴとブドウの味わいが広がって、最後にカルバトスの上品な風味が口の中いっぱいに広がります。
 
とってもお上品な、お菓子のようなコンフィチュール。
 
 
*グレープフルーツとミントのマーマレードシロップ
 
liquariceのマーマレードは、果肉も全部丸ごと使います。
 
中の薄皮は、丁寧に取って、水にさらして、コトコト煮て、ペクチン液にします。
 
いつものマーマレードをお砂糖を少なく仕上げたのがマーマレードシロップ。
 
今回は、お庭のミントを一旦ドライにしたものを風味付けにプラスして、より爽やかな夏仕様。
*****グレープフルーツソーダの作り方*****
 
 
グラスにマーマレードシロップ、氷、を入れて、グラスの縁に沿わせるようにしてソーダ水か、発砲ミネラルウォーターを注いで、レモンを絞って...
 
出来上がり。
 
 
簡単!夏にピッタリの冷たい飲み物になります。
 
 
この時期だと、フレッシュミントをすり潰したものを加えてみたりしてもオススメ。
 
***************************
飲み物だけでなく、ヨーグルトや、アイスクリーム、パンケーキや、フレンチドレッシングに混ぜて、ドレッシングにも色々お使いいただけます。
 
 
コンフィチュールの売り上げの半額は、東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。
 
新しく、スラッシュキルトのネコポーチをつくりましたよ。
 
 
 
 
明日は、他にもたくさんの作家さん達も出店されます。
 
ぜひ遊びにいらして下さいね。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

チビハリ写真館- サンショウの実-

 
そろそろ山椒実の出来る季節。
春に咲いてた小さな黄色いお花が、まあるい青い実になりました。
 
清涼感ある山椒の香り。
 
毎年せっせと山椒の実を佃煮にしてたおばあちゃんを思い出します。
 
プチプチと枝から実を外してると部屋は山椒の香りでいっぱいになります。
 
 
初夏のに・お・い.....。
 
 
何でもない日常の思い出。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チビハリ写真館- ツタンカーメン-

珍しいエンドウ豆。
 
3000年前のピラミッド....
 
ツタンカーメンの副葬品の食料籠の中に納められてたエンドウ豆。
 
紫色の莢と緑色の莢があるみたい。
 
これで豆ごはん炊いて...
 
保温したらちょっぴりピンクの豆ごはんになるらしい...
 
 
チビハリくんも豆を出すお手伝い♪です。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

ラスター彩のお皿完成〜♪

ラスター彩のお皿完成〜♪
ラスター彩のお皿完成〜♪

先日のウィリアムドモーガンのワークショップのお皿が焼きあがりました。
 
黒かった釉薬が、虹色に光る赤色に。
 
黄土色は、虹色に光る金色に。
すっかりイメージが違います。
上のほうのピカッと光ってる感じがラスター彩の特徴です。
 
写真では再現しずらいのですが...
 
シャボン玉の表面みたいでキレイです。
 
 
一つ大きな失敗をしたliquarice。
更にガラス釉のキラキラも期待してたくさん釉薬がかかってるお皿を選んだ欲張りliquarice。
 
 
それが逆効果で、ガラス膜に絵が浮かんでるみたいに見えて、しかも釉薬の割れ目にも絵付けの赤がにじんで、それが目立つ感じ。
 
かえって美しくないという結果に...
 
辛い...辛すぎ....。
 
欲張ってはいけません。
(=_=;)
 
もう一回やりたいよぉ〜〜〜。
 
今度はちゃんと出来るはず。
 
 
でもラスター彩なんてなかなか体験出来ないので、いい記念になりました。
 
飾り皿にしかできないので、お部屋に飾るつもりです。
 
一緒に参加したFさんとmちゃんのは...
 
Fさんのたまごがなんともいい感じ。ラスターの赤がとっても滑らかでキレイに光ってます。
 
写真では解らないけど。
 
mちゃんのはmちゃんらしいゆるカワな仕上がり。
 
2人とは違うマットなお皿に絵付けしたからまた違う感じに。
 
私もこっちのお皿にすればよかったな.....
 
 
陶器の絵付けは楽し。
 
絵とは違って使えたりすりんだもん。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

火星人のおやつ。

おからを使ったバー。
 
くるみ入りローズマリー風味のおからドーナツみたいな感じ。
火星人のおやつ。おからといえば...火星人だそうで...
 
なぜ?
 
でも美味しかった。
 
手前はクマクッキー。
しみじみ系のクッキーです。
 
 
久しぶりに、げなげな市行きました。
 
ケガで負傷中の愛猫ボタン(仕事場で飼ってるの)
 
のごはんと薬をあげて、様子見るために職場行かないといけないので、チラッとだけだけど...
 
 
ちきゅう食さんが出店されてました。
お昼はカレーに決定。
 
テイクアウトして、ボタンのお散歩を見守りながら外で食べました。
 
と〜〜〜っても美味しい。
 
カレーに浮かんでるのは、焼いた薄あげの中に、クミンとブラウンマスタードシードで味付けしたジャガイモが入ってます。
 
見た目オムレツみたい。
 
食べたらおあげさんだけど、何となくオムレツ気分。
 
ウィーガン食って発想が豊かですね。
 
結構好きです。
今度作ってみよう!
 
 
 
後は、気になった東近江市の薪火石窯パン、アウビングのパン。
 
 
しっかりどっしり。薪の何とも言えない風味もあります。
 
一番左手前のパンが特に独特な薪風味。
 
 
葉っぱ型のシナモンレーズン味のパンとお花型のワイルドストロベリーのパンがお気に入り。
 
個性的なパンなので、毎日ではないけれど、たまに思い出して食べたくなる味になる予感。
 
 
ただし、特にハード系のパンは、乾燥気味だったので、
たっぷりお水つけて、しばらく置いて給水させて、ホイルに軽く包んでオーブントースターで焼いてから食べましたよ
 
焼くと美味し...(^-^)
 
 
少しずつこんな山奥でもおいしいものが買えるようになってうれしい〜〜。
 
これからが楽しみなげなげな市でした。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

旬野菜でキッシュ。

久しぶりに作りました。
 
 
 
旬の野菜のキッシュ。
 
新ジャカと、絹さやと、ホタテとクリームチーズ。
 
 
欲張って、20センチ角のケーキ型で焼いたので卵8個を使ったのフィリング。
 
完全に、作りすぎです。
 
結局お友達におすそ分けしました。(^_^;)
 
みずみずしい新ジャカと、お家で採れたて絹さやの風味がしっかり出て、練りパイ生地はサックサク(^-^)v
 
旬のお野菜は、香りがいいですね。
 
 
もうすぐグリンピースと、タマネギ採れるので、またキッシュ焼きたいな〜〜♪
 
 
楽しみです。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

子ぎつねたち。

 
昨年ぐらいから若いきつねがたまに裏山から出て来ていて、昼間にちらっと見かけていて、
 
かわいいなぁ〜♪と思ってたら、
 
 
子ぎつねが産まれたようです。
 
先週久しぶりに若いきつねが通ったなぁ〜と思ったら、
 
突然2匹の子ぎつねがチョコチョコ現れて(≧∀≦)
 
 
一匹はすぐ逃げちゃった。
 
 
写真の子は好奇心旺盛で、草食べてみたり、
置いてあるパイプや、瓦の下に手突っ込んでみて、ちょっとした事に驚いて飛び上がってみたり....
 
すごくかわいい。
 
そして今日は、何だかギャン!という鳴き声がして外をみたら、
 
お母さんきつねが、口に大きな鳥みたいなのをくわえて目の前を通過...
 
 
その後を3匹の子ぎつねがおしくらまんじゅうみたいになりながら後追いして、
 
私が室内でカメラを持って動く気配を感じたのか立ち止まった。
 
かわいい〜♪
 
3匹のうち1匹はすぐ山の方へ...
 
 
お母さんの行くほうを気にする2匹。
 
すぐにもう一匹も山へ消えて行ったけと゛、最後の一匹はマイペース。
 
この間の子ぎつねかな?
 
匂い嗅いだり、濡れたダンボール引きずって、ブルブルしてカジってみたり。
 
 
フワフワ毛皮が雨でちょっと濡れてるけど、モコモコしててとってもかわいい。
 
触ってしっぽモフモフしたい...
 
お母さんきつねは、初めて出会った若いきつねのツヤツヤフワフワの姿から、
 
痩せて毛艶もよくないけれど、獲物をくわえて歩く姿は、すごく頼もしい大人のお母さんきつねの姿。
 
3匹もこんなに立派に育ててるんだもんね〜
 
 
みんな無事大きく育って欲しいな。
 
 
もうしばらくは4匹一緒を見られるかしら...
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »