« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

夏の終わりの... プチプチ

真夏には、青々と茂ってた青シソ。
 
残暑にちょっとボロボロになりながら、朝晩の涼しさに、また元気モリモリ。
 
小さな葉っぱを出して、すこーし黄色めの葉っぱになって、白い花を咲かせて、
緑の小さな茶巾絞りみたいな実をいっぱいつければ、
 
夏も終わり。
 
秋の始まり。
 
 
 
シソの実採らなきゃ...
 
面倒だなぁ...と思って毎日横目で見てたら、
 
家に帰ると、父が実を採っておいてくれた。
 
何故かここ数年、何の前ぶれもなくシソの実を採ってくれる父。
 
どどーんと大きなザルにいっぱい。
 
父は一体何時間かかったのか...
 
急遽、5リットルの鍋にいっぱいのシソの実を茹でこぼして、
 
お酒とみりんとお醤油と中双糖とお水で少し薄めの煮汁を作って沸かした所にシソの実を投入。
 
クッキングシートで落とし蓋して、沸騰させてからちょっと煮たら、
 
鍋蓋をして、火を止めて冷めるまでそのまま置いてから
 
煮詰めて仕上げるのが、liquariceの佃煮の作り方。
 
特に実ものはこうやるとギュッと締まったカリカリの実になったりする失敗ナシ。
 
この作り方だと薄味に煮あげても、しっかり調味料が入ってるので、美味しく仕上がる。
 
今回はしっかり煮詰めた佃煮を作るの。
 
 
再び火にかけて、徐々にお醤油や、中双糖を加えつつ、煮詰め。
 
味見何回しても、もうちょっと何か足りない...
 
毎年思う事だったので、今年は、思い付きで、赤ワインを入れてみた。
 
最初はこわごわ150ccぐらい。(こわごわ入れた量じゃないが(笑))
 
!!!
 
美味し〜い
 
 
深みが出ました。
最終的には、合計カップ2ぐらいの赤ワインを入れて、しっかりめに煮詰めて仕上げ。
 
 
青い実が、こっくりツヤツヤ焦がしキャラメルみたいな色。
 
種がプチプチ透けて見えます。
 
食べたらプチプチ食感とほんのりシソ味に、最後微かに赤ワインの風味。バルサミコソースみたいな味もします。
 
 
今年は美味しいシソの実の佃煮出来ました。
 
 
来年はもっと赤ワインを増やして、お醤油を隠し味にして〜〜〜洋風な佃煮?
 
赤ワインとシソの実のチャツネみたいなのにしてみたいな...と。
 
たぶん美味しいはず。(笑)
 
来年まで覚えてるかな?
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

ウレシイコト。

 
用事があって、ならまちの“ハナロジ”さんへ行きました。
 
 
ここには私の興味深々なものが、よーく見ると隠れてたりします。
 
大好き。
 
涼しくなってきたので、お花も買って帰るつもりが...
 
結局、
 
木の実です。
 
椿の実と、何だか解らない変わった前にも買って気に入ってるマツボックリの仲間?
 
この実には、小さな小さな森の動物たちを住まわせるつもり。
椿の実には、さっき、これ以上開かないよう“針金養成ギブス”を。
うまくいくかな?
 
 
かわいく木の実は、レモン色の紙にひとつずつ包んで、青い麻紐で結んでくれました。
 
ちょっと待ってて...と言われて待ってると、
 
 
 
ちょっとした時間に、こーんなかわいい、ペンダントを作ってくれました。
 
首にかけると、フワッとユーカリの香り。
 
 
ありがとう。
 
 
ウレシイコト...。
 
 
今日は窓辺に小さなブーケのように飾ってありますよ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

小さな小さなマトリョーシカ

小さな小さなマトリョーシカ

彩色しかけてあったマトを仕上げました。
身長  430㎜ Φ 170㎜
の小さなマト。
でも、ちゃんと木製で、大きいマトと同じくお腹のあたりでパカッと開けて、入れ物になるようになっているのです。
頭の上には輪っかがあってストラップ金具をつけられます。
左:女の子マト“ナターシャと黄色い花”
足元には、ウサギさんと、後ろには、リスさんが、ナターシャのお花摘みを手伝ってます。
中:どうぶつマト“リスリョーシカ”
赤い水玉スカーフをかぶったリスちゃん。 しっぽは、木で彫ってつけました。
ドングリと、赤い木の実をカゴいっぱい採って来ました。
右:山のシロクママト“コーヒータイム”
山に住むちょっとオシャレ♪シロクマくんは3時になったらコーヒータイム。
お気に入りのコーヒーエプロンを着けて、大きめカップでゆっくり味わいます。
只今、奈良富雄の“チロル”さんにて販売していただいてます。
小さな小さなマト。
お店のどこかに置いてます。
ぜひ探してみて下さいね。
*チロル***
631-0076
奈良市富雄北1-1-22
毎月1日〜15日まで営業
毎月16日〜月末お休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピリピリジンジャーエールとショウガノリスタリゼ

ピリピリジンジャーエールとショウガノリスタリゼ
ピリピリジンジャーエールとショウガノリスタリゼ

ずーっと作ってみたいな〜と思いながらもなかなか出来なかったジンジャーエール。
 
 
先月、tumugiさんのピリピリジンジャーエールを飲んで、美味しくて、また飲みたくなったので作ってみることに。
 
 
少し前に新生姜で、ショウガシロップは作っていたのだけれど、
何故だかピンク色にならなくて...
辛味も少ない...
 
でも上品な味のショウガシロップになったので、
 
かき氷にかけてこの夏はよくたべました。
これもお気に入り。
 
 
これはこれで気に入ってたのだけれど、
 
 
 
今回は、ピンク色で、喉ごしピリピリスパイシーなジンジャーシロップを目指して!
 
 
新生姜を繊維に沿って薄〜く薄〜くスライス、
雑味のない透明シロップにしたいのと、ショウガのコンフィも作りたかったから...
 
 
レモンの表皮の千切りと
レモン果汁と
砂糖、
鷹の爪、
シナモンスティック、
クローブ、
カルダモン
 
を混ぜて、置いておきます。
 
 
じんわりショウガの水分が出てきて、時々かき混ぜながら半日以上。
 
 
 
どこに入ってたのかと思うぐらいの、たーっぷりのショウガのほんのりピンク色の水分、
ショウガはヒラヒラ花びらのよう。
 
お鍋で弱火煮て、その間、ヘラで、ガンガンショウガを突きます。
ショウガはイジメると辛くなるって聞いたけどやっぱり本当なのね〜
 
怒ってる?(笑)
 
突くほど辛味とピンク色が増します。
 
少し辛めのシロップに仕上がったら一昼夜置いて、
 
ショウガスライスを絞って、一部戻し入れて仕上げのレモン果汁を絞って再度火にかけて瓶詰め。
 
ほんのりかすかにピンク色のピリピリジンジャーシロップ。 
お味もいい感じ。
喉ごし最高♪
 
 
やっぱり繊維に沿ってスライスしたのがしっかりピンク色にならないのかな?
 
 
 
絞って残ったショウガのコンフィは、やさしい桜色。
 
 
細めグラニュー糖をまぶして干して完全に乾く前に再び細めグラニュー糖をまぶして、乾燥させて...
 
ほんのり桜色。
ふんわり微かにスパイス香る♪キラキラショウガのクリスタリゼに仕上げました。
 
 
新生姜と、レモンでクリスタリゼも作ったことあるけど、おばあちゃんが食べてた生姜糖みたい。クリスタリゼじゃなくて、砂糖漬けと呼びたい...(懐かしい味でいいけどね)
 
 
今回のはスパイスがほんのり香って、ショウガの味がしっかりしてるのに、唐辛子の辛味が喉をスッキリさせてくれます。
 
クリスタリゼの呼び名がピッタリ♪
ちょっとヨーロッパっぽい国の味がします(笑)
 
最高に好きな味♪
 
 
これが出来上がるから、ピンク色はちょっとあきらめても〜ウフフ♪
 
まだ新生姜が出回っているうちにまた作ろう♪
 
ピリピリジンジャーシロップは、
只今奈良町のかばんやさん“sisi”にて販売しております。
(他に、スモモコンフィチュールシロップや、ぶどうとリンゴのジュレ、その他数種類販売しております)
 
ソーダで割ってジンジャーエール、
これからの季節なら、お湯割りでショウガ湯にも、スパイシーで体もポカポカ温まります。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

台風の1日。

台風の1日。
台風の1日。

台風12号。
朝から、職場は前日に続いてまたしても停電。
 
暗いと仕事にならないので急遽お休みに。
 
朝からオーダーバックの猫とウサギのアップリケ部分を仕上げ、接着芯がないから作業が続けられず...、台風だし...、
 
買いにいく気分にもなれず、
 
時間もある....
 
 
思いついたのは、ショートブレット。
 
mちゃんリクエストのコーヒーショートブレット(卵とバター使ってないレシピのもの)の試作を兼ね、
 
私の好きな塩味系のショートブレットを焼いてみることに。
 
ゴマのショートブレット生地をアレンジして、半分は、仕上げに黒胡椒を混ぜ込んで、ピンクペッパーとフルールドセルをトッピング。
 
ゴマ生地のままのほうには、メイプルシュガーをトッピングして焼いてみました。
 
ペッパーのは、この間買ったHOQUBAのクッキー真似して、適当に作ったたのに、すごく美味しい(^-^)
朝ご飯代わりにもなりそう。
ブラックペッパーとピンクペッパー一緒に食べると美味しいんだって発見!
 
ゴマショートブレットは、練りゴマ入れなかったからイマイチ味がぼやけてる。たぶん何日か置いたほうが美味しいと思う感じ。(今朝、食べたらメイプルシュガーも引き立って美味しかった。(^-^)v)
 
ゆっくり焼きたてクッキーを食べて、お茶飲んだら、
 
お料理作りたい気分がムクムク盛り上がり(笑)
 
夜ごはんに玉ねぎ炒めてルーから作ったインドカレーを作りながら...金時豆を煮て、チリビーンズを仕込み。
 
↑翌日仕上げたチリビーンズ。パプリカ入り。
半分は冷凍保存。
 
 
夜ごはん後に、たくさん採れたパプリカと、バナナピーマンと、サラダピーマンの肉詰めをした。
 
ヘタを取った穴にはブロッコリーを詰めます。
 
かわいいし、挽き肉飛び出し防止(笑)
 
出来上がったら、ジッパー付き袋に入れて冷凍。
 
 
夏の終わりに必ず作って、冬ぐらいに煮込んで食べる。
冷凍様々〜m(_ _)m
保存食。
 
夏野菜は一気に採れるので、色々工夫を凝らして冷凍保存しています。
 
何だかんだとよく作った1日。
 
台風だったから出来たこと。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都一乗寺→ならまち。

京都一乗寺→ならまち。

気合いを入れて...
 
朝から恵文社へ、
“鹿児島睦・お菓子な器”展
鹿児島さんの絵付けは前から興味があって、一度見てみたいな〜と思ってた。
 
今回は東京のHOQUBAのお菓子とのコラボ。
 
今回は、欲しいなぁ〜と思ってた鳥とお花の絵付けはなくて、残念。
 
動物たちが描かれたものが殆どでしたが、とってもかわいかったです。
 
鳥モチーフの壁飾りも素敵でしたが、
 
今回は、お花の描かれたお皿を買いました。
もちろんお菓子も
 
コラボのHOQUBAは、ナチュラル系の卵や、バターを使わないお菓子。
 
ここ何年かは普段食べるならこんなクッキーが好み。
 
こーんなかわいいリスのラベルが貼ってありました。
 
カラメルナッツのタルト
イチゴのビスコッティ
サブレコリアンダーソルト
2種類の胡椒のクッキー
買いました。
 
一緒に行ったmちゃんは、
コーヒーのショートブレット
カラメルナッツのタルト
 
胡椒のクッキーと、コーヒーのショートブレットが美味しかった〜。
mちゃんコーヒーのショートブレットを気に入って、お取り寄せしたい!と言ってました。
 
その後、作って〜〜〜と言う始末。あまりコーヒー味のお菓子が好きではない私も美味しかったし、近々作ってみようかな〜〜
 
ゆっくりお皿を選んて、他の展示も見たので、お昼を食べて、早く奈良へ行かなくちゃ!と、恵文社近くの前からチェックしてた“つばめ”へ。
 
あいにく満席....予定がなければ待つ所だけど、今回は断念。
 
奈良に向かう途中で、軽くごはん食べて、
 
 
sisiでやってるmoricoちゃんのかき氷を食べに行きました。
 
やっぱり一乗寺から奈良は遠い...
かき氷のシロップはmoricoちゃんの手作り。
 
私は、イチジクと、パイナップル、ジンジャーミルク、杏仁アイスクリーム
mちゃんは、マンゴーと桃と杏仁アイスクリーム
 
ぜーんぶ盛ってみました〜
 
意外にも、パイナップルと、ジンジャーミルクの組み合わせが一番お気に入り。
杏仁アイスクリームうま〜〜♪
おやつの時間を少し過ぎて、
 
夕方に食べた美味しいかき氷。
食べ終わったら、ちょっと淋しい...
 
もう夏の終わりの気配...を感じました。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »