« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月26日 (月)

クリスマスごはん。

クリスマスごはん。

今年も、家族と、mちゃんとクリスマス。
 
いっぱい作って
いっぱいのんで。
いっぱいしゃべります。
 
 
アサリと、マッシュルームのアヒージョ。
ポテトサラダ。
アボカドのわさび風味ディップカラーニンジンと、カラフルダイコンのスティックサラダ〜ユズコショウオイル〜
 
メインは、
チキンのライスロール。
ジャガイモと、トマトとブロッコリー添え。
 
 
そして、ナスとペンネのミートソースグラタン。
 
恒例mちゃん憧れのイチゴのショートケーキ1ホール。
 
今年は、アップルマンゴーを挟んでみました。
 
みんなで楽しく、美味しいごはんを囲むのっていいね。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

愛猫の旅立ち... 。

愛猫の旅立ち...<br />
 。
愛猫の旅立ち...<br />
 。
愛猫の旅立ち...<br />
 。
愛猫の旅立ち...<br />
 。
愛猫の旅立ち...<br />
 。
愛猫の旅立ち...<br />
 。
愛猫の旅立ち...<br />
 。
愛猫の旅立ち...<br />
 。

私の大切な猫

愛猫“ボタン”。
男の子。

18年と8ヵ月。

今年初めての雪が降った後、ものすごく晴れ渡ったキラキラ朝日が眩しい朝....。

2011年12月9日金曜日
AM9時48分。
天国へ旅立ちました。


ボタンちゃんは、私が、初めて手のひらに乗るぐらいの大きさから育てた子。

仕事をするときはいつも一緒。
徹夜で泊まりの仕事の時が多かった時期は、すごくうれしそうにしてた。

2歳の時、妹ネコのガラがやってきてからは、

お兄ちゃんぶって、
私と2人っきりの時を入念に、確認してからしか、
甘えなくなって、
途中で誰か(ガラでも)がやってくると、

「僕は甘えてなんかいませんよ〜〜〜」と

ササッと知らんぶりしてみたりするとっても甘えん坊なのに、強がるかわいい奴でした。

ガラの面倒もよく見てくれて、
極度の怖がりで、弱虫のガラは、
いつも、ボタンのごはんだったり、
寝る場所だったり、
何でもかんでも途中で取ってしまうのも、

しょうがないなぁ〜と

譲ってあげてたし、外でオス猫に追いかけられてるのを助けに行ったり、

自分で見つけたお気に入りの箱に寝てる時も上にガラが乗って押し潰されてるような感じでも、一緒に寝てあげてた。

そのかわりに、ガラは、ボタンの毛繕いを毎日一生懸命やってあげたけれど。

先に7年前突然ガラが亡くなった時からは、ボタンは、すごい甘えん坊に戻った。

毛繕いずっとしてもらってたから、毛繕いするの忘れて、3ヵ月ぐらいボサボサになったけれど。

小さな時は、やんちゃな猫だったけど、しっかり空気の読める猫。かしこかった。

まだ1キロも体重無い小さな間は、夜はつないで寝かせてた2キロのバーベル2個(4キロ!)を毎日、ズルズル引っ張って朝には、玄関先まで出てきていた。
お客さんには、玄関でお座りしてお出迎え。

お茶出す時には付いて来て、部屋の入り口に座って、「ええ猫やねぇ〜〜」と誉めて貰うまで、まるで置物のようにちょこんと座ってお客さんを見つめてた。
誉めて貰ったら、満足気に、客間から出てくる。

ボタンは、お座りの時、足をきっちり揃えて、まっすぐ、いつもキレイな座り姿勢だった。
「ええ猫。」

大人になってからは、
いらっしゃいませはしなくなったけど、

一度叱られたことは2度としない。
爪は出さない。
噛まない。
名前呼んだら返事する。

面倒見がよくて、ケンカも強いし。

緊張するとびっくりするぐらい手に汗をかく。
だから、いつも肉球はモイスチャー。

きれい好きで、雨に濡れたら、ティッシュで拭いて貰えるまで誰かのそばにやってきて、鳴いて待つ。

“男前やなぁ〜”と“カッコイイ〜”って言うと調子に乗って黄色いパーカー(犬用)を着せても、自慢げに外へ遊びに行ったりもする。

ちょっと失敗したボタンが面白くて笑うと、スネてどこかへ行ってしまう。

絵の具の筆洗いバケツの水が大好きで、
どんなに自分用の水を用意しても飲むので、

いつも一カ所は筆を洗わずきれいなボタン専用だったり。

戸をあけるのは、一度教えたらすぐ覚えて、軽々と片手でまるで人が開けたみたいにガラッと開けてみんなを驚かせたり。

私の膝に乗っかって、お腹と肘のすき間に顔を突っ込むのが大好きだったり、

一度、野うさぎを見つけて、(うさ子と呼んでた。)職場で飼うことになって、箱に入れてたら、
飼い主が、お買い物に行ってる間、(ボタンはそれまで、うさ子には無関心だった)油断して、箱に蓋していかなかったら、
ボタンが、ウサギをくわえて、鳴きながら、満面の笑みを浮かべて、すごくうれしそうに鳴きながら私に見せにやってきた。

ものすごいうれしそうな笑顔で....(この時猫は笑うんだって思った。
)
「どう?すごいでしょ?見て見て〜〜♪」と...

くわえてたのは、飼ってたウサギの“うさ子”だった...

その頃は10歳を過ぎてもう狩りで大物は捕れなくなってた頃。

気持ちはわかるが、うさ子はだめ。
ビックリした私は、初めてボタンを怒った。最初で最後。

怒られて我に返った(と思う)ボタンは、うさ子を置いて、スゴくしょんぼり申し訳なさそうに、私を見た。

野生の血が騒いだだんだろうね...

その夜、うさ子は天国に行った。
ボタンは、申し訳なさそうに、何日もほんとうにしょんぼりしてた。

“うさ子事件”
今頃出逢ってるかな...。


休みあけの日は、抱っこの時間。10分で満足もあれば、ずーっと椅子を半分こして座る日も。

まだまだいっぱい。
色んな思い出がいっぱいだよ....。


ここ何年かは春と秋は、縁側、
夏は、クーラーの効いた私の机の前の窓の前、
冬は、ずっと足元の電気座布団で寝て、トイレとごはんと見回り以外は過ごしてた。

もう庭は別の猫のテリトリーになってしまったので、ひとりではなかなか出かけなくなったので、
天気のいい日は一緒に散歩したりもした。


でも、この1年ぐらい前から、ケンカに負けてケガしたり、
時々体調悪くなったり、

痩せて来て、ちょっと歩きにくそうだったけど....。
イッパイ食べてご機嫌さんで過ごしてた。

2週間前までは、ビックリするぐらいの食欲だったのが急にあまり食べなくなって、1週間前には水だけになり...。

とうとう2日前は、水も飲みたくても飲めない感じで、前日は、1メートルも歩けなくなって、辛そうだった。

前日は、何か違う感じがした。

具合が悪くなってからも朝は、縁側から私がくるのを待っててくれてたのが、

出勤して、車から降りてドアを閉めたとたん大きな鳴き声。

慌てて玄関前に行くと、小雨の中、玄関前の庭石の下で、雨に濡れて崩れるように座ろうとるボタン。
私が来るのを外に出て、待ってたようで、雨に濡れて冷たくなってた。

急いで乾かして寝かせて
ずっとそばにベッドに寝かせて仕事をしてたけど、
あまりにも動かないからお腹が呼吸で上下するのを思わず確かめるぐらい。

何だか胸騒ぎがして、泊まることにした。
最後の時は、一緒に居てあげたかったし、居たかった。


夜中は、布団を敷いた枕元に、ボタンのベッドを置いて、ずっとボタンの体に触れ、1時間置きに、鳴いて起き上がり、体勢変えたり、1mほど歩いて床にしゃがみ込んだりするのを見守って、

明け方、
スゴくかわいい声で、“ニャーンニャーン”と鳴いて寝てしまってた私を起こし、起き上がれなくなってるのに、一生懸命私の顔に顔をぴったりくっつけてきて、ちょっと楽になったのか、いい顔してたから、私も安心してしばらく一緒に寝た。

ボタンが顔くっつけてきて寝るなんて、そんな事は初めてだった。

ボタンは泊まり込みの仕事の時も、一緒に寝るとき、顔くっつけたりしなかったから。

いつも脇に顔突っ込んで小脇にくっついて布団の中で寝てた。
毛並みがツルツルフワフワ暖かかった。

1時間ぐらいたった後...

また鳴いて、ムクッと起き上がって、フラフラ歩き、そばにあった机の下へ。

ベッドに戻そうとするけど、スゴく嫌がったのでそのままその場所でなでてあげながはら見守る。

何度も立ち上がろうとするけれど、後ろ足がもうついてこない感じだった。

動かすと嫌がるので1時間ぐらいそのままの姿勢を続け、なでてあげた後、またベッドに寝かせ、横に置いて仕事をした。


前日友人がやってきて、スポーツドリンクやってみたらどう?と持って来てくれた。
体に吸収 しやすいから楽になるかも...といったのを、何だか口元が渇いてきてるふうなボタンを見て、思い出した。

温めて、ストローで少し口元に落としてみる。

ちょっと舐めたみたいだったので、ティッシュに含ませて数滴に口元の横からあげてみた。

ペロペロと、口を大きく動かしたと思ったら、
急にスゴく苦しそうにしたと思ったら、「ボタン〜!」呼ぶたびに、深く息を何度か吸うような呼吸の後、

動かなくなってしまった。

お腹に耳をあてて何度も音を確認するけれど、もう音はしなかった。
体はまだ柔らかくあたたかいのに...

見た目は何も変わらないのに....

ニャーとは返事してくれないボタン。

それがボタンとのお別れ。


今でも、床に爪が当たって、カッチカッチ音をたてながら、やって来て、
ガラッと戸を開けて、ニャー「ごはんちょうだ〜い」「抱っこ〜」と言って部屋にはいって来そう

長い間ありがとう。
ほんとうにありがとう。

もっと色々やってほしい事もあっただろうけど、ボタンは、日々満足して暮らしていてくれたのかな...

次に生まれ変わるその日まで、私のそばに居て欲しいし、

生まれ変わったら私の元にまたやってきて欲しい。

ボタンはどう思ってくれているんだろ...。

「ありがとう。」


また巡り逢える日まで...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

オーダーウエディングボード。

オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。
オーダーウエディングボード。

オーダーメイドWedding Bord
“Merci Mille Fois”
size:400㎜×300㎜
背景素材:リネン、シフォン、金、銀糸刺繍、ペイント。
動物:石粉粘土。ペイント。
額装、前面ガラス。
(前面ガラス外した状態で撮影)
パリっぽいイメージ。
エッフェル塔。
『Merci Mille Fois』
1000回ありがとうが直訳でいっぱいありがとうと言う意味。
の文字を使ったデザインを希望。
お二人がネコ好きということで、仲のよいネコをお二人に見立て、ブランコに座らせ、たくさんの友人達に祝福される様子を表現しました。
文字は、フランス映画のポスターのようなイメージ。
ウエディングボードなので白を基調に、清楚でキラキラの色合いにしました。
いつまでも仲良く、お幸せに♪
オーダーありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

liquariceワークショップ終了。

liquariceワークショップ終了。
liquariceワークショップ終了。
liquariceワークショップ終了。

11月27日日曜日
 
プティカフェにて“コトリのモビール”のワークショップ参加していただいた皆さまありがとうございました。
 
見本のコトリは真っ白でしたが、自由に好きな色を使ってどうぞ〜と始めてもらった所、
 
ほんとに個性あふれる素敵なコトリ達が誕生しましたよ。
 
出来上がった作品を窓辺に飾ってみました。
 
ゴージャスな尻尾のコトリちゃん。つぶらな瞳が印象的。
 
 
 
コウノトリをイメージしたコトリちゃん
しっかりした脚がかわいい。
 
 
 
写真が鮮明ではないけれど...しっぽがフサフサで、タカラズカのラストをイメージした白いコトリ。
ゴージャスです。
 
 
 
写真では解りにくいけれど、なんと!火を吹いてます!!
 
まさかの火を吹く鳥...
 
 
スゴい発想力です。
 
 
 
私の見本が一番地味な感じ...
私ももっと発想力豊かにならないと...と、いつもの事ながら、出来上がった作品を見ながら思うliquariceでした。
 
 
頑張って制作した後は、プティカフェさんの美味しいお菓子とお茶。
 
帰りには、liquariceからのおみあげ...
手描きペイントのろうそくを選んでいただいてプレゼントしました。(3枚目写真)
 
クリスマスが近いので、何かクリスマスっぽいものをと思い、今回は真っ白なキャンドルに絵付けしてみました。
 
 
楽しい時間を過ごしていただけたでしょうか?
 
プティカフェさん今回も、ありがとうございました。
 
またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

椅子展〜作品写真〜

椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜
椅子展〜作品写真〜

上から
*チューブボトル入り椅子とどうぶつ(コルクの土台付き。)
*椅子とどうぶつ。
オープン粘土で作った椅子に、粘土で作ったどうぶつ達が色んなポーズで座ってます。
*メディカルボトル入り「アイスルーム」
ガラス部分を加工して、氷の部屋に居るみたいなシロウサギ。ビンの口のファーは、霜のイメージ。
*メディカルボトル入り「赤い屋根のロータスキノコハウスと、シロネコ」
小さな赤いお家に住むシロネコ。天気がいいので椅子を出してひなたぼっこしています。
*ボンボンブレードのドイリー
ウサギみたいないきもののうさ子。シロネコ。シロウサギ。のドイリー。
裏面は、フリース素材。
椅子展だったので、小座布団として...
ティーポットのウォーマーや、タペストリー、何でも思いついたまま使ってもらうつもりで作りました。
*膝掛け「ネコ」
シッポが立体的に付いてます。膝掛けにすると、膝にネコを乗せてるみたいになります。
冬素材の、青色がきれいなビロード生地手触りがすごくいい。
黒地に白ドットのダブルガーゼに、木綿の生地をパッチワーク。
裏面はグレーのタータンチェックのフリース素材。
*膝掛け「ツキノワクマ」
ふっくらフリース生地のクマくんは、フカフカでついつい触っていたくなるのです。
*膝掛け「コトリ」
黄色のコトリが二羽仲良く飛んでます。
可愛い仕上がり。
膝掛けは、ヒモや、ボタンを縫い付けて、暖かオーバースカート風エプロンや、マルチカバーとしても使えます。
*大きめポーチ
「白いイスと赤いイス」
「赤いイスと青いイス」
ポーチの下半分の生地は、スラッシュキルトの技法を使ってモコモコ生地を作りました。
チョウチョの柄のほうは、チョウチョ柄の生地のチョウチョ部分をステッチで押さえて残してあります。
それぞれ森の学校のイメージ。
椅子に座って仲良くお勉強。
持ち手はボタン止めになっているので、お気に入りのバックの持ち手に引っ掛けることも出来ます。
大きめバックのインナーバックとしても。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

椅子展終了しました。

椅子展終了しました。
椅子展終了しました。
椅子展終了しました。

 
椅子展終了しました。
 
見にきて下さった皆様。
ありがとうございました。
イベントを重ねる毎に、色々な方との出会いがあって、ほんとに嬉しいです。
 
 
沢山の椅子に囲まれて...
 
またもや写真を撮り忘れ。
 
ひとつひとつ、月日が経つことで、使われる事でいい雰囲気になったイスたち。
 
ひとつ連れて帰って、前からやってみたかった布張りのリペアをやろうかな...と悩む事1日。
 
自分の技量と、好きなデザイン、使う場所...
なかなか決断出来ず断念。
 
まだひとつ頭の隅っこにあきらめきれてないイスがあるのでした...。
 
 
それはそうと、今回liquariceは、
イスに座ったどうぶつたちと、
膝掛け、
ミニ座布団、
どうぶつアップリケとスラッシュキルトのミニバック
イスに座ったどうぶつのイラストを描いたミニバック
 
を作りました。
 
ミニ座布団は、可愛すぎてお尻に敷けないと言われ(笑)
確かに久しぶりにポップで可愛すぎる仕上がりだったかも。
 
勢いで作るといつもこうなってしまう...まだまだですね(^^;)
 
今回の椅子展特別ランチ。
 
チキンカレーと、クリームシチュー。
 
 
私は、すっごく悩んで、カレーo(^o^)o
 
すっごく美味しい。
お腹いっぱいになりました。
 
そして3時には、ずーっといい香りを漂わせていた、丙午珈琲さんの珈琲。
 
 
 
チョコレートの風味がする豆の珈琲を選んで、moricoちゃんのチョコチップクッキーも一緒に食べました。
 
 
雨も途中降ったりして、ゆっくりした和やかな雰囲気の椅子展。
 
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オ-ダ-

オ-ダ-<br />
 “シッポフリフリウサギbag<br />
 ”
オ-ダ-<br />
 “シッポフリフリウサギbag<br />
 ”

“シッポフリフリウサギbag”
サイズ:縦40㎝×横35㎝×マチ10㎝
素材:本体・ウールツイード
     アップリケ表・アクリルボア、フェルト、ラピッドファー
     裏・綿、フェルト、
     裏地・綿プリント。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
オーダーいただいたウサギbag、大きめ何でも入るbagです。
ウサギは、耳や、後ろ脚のモモ辺りも立体感。
シッポは、ラビッドファーのボンボンを付けて、歩く度にユラユラ。
シッポを振ってるみたいな感じ。
ミシンステッチの上に、ビーズや、フェルト、スパンコールで野花のイメージ。
裏デザインは、“森”のイメージで、ということだったので、
森の木々をイメージして、
ミシンステッチの上に、ビーズを縫い付けて、吹き抜ける爽やかな風を表現してみました。
木は、プリント生地と、生地を4枚重ねてステッチをかけてステッチの間をカットした“スラッシュキルト”の技法を使って、モコモコ感を出しました。
地味〜に手間かかってます(笑)
木々には小鳥たち。
森の中には、ウサギ。
キノコも少し生えてたりもします。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
ちょっとしたアクシデントもありつつ、オーダーいただいた方の元へ....。
冬のお出かけ、どこへ連れて行ってもらうのかしら〜。
ウサギちゃんと再会出来る日を楽しみにしてます。
オーダーありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »