« 4月のお知らせ。 | トップページ | “ペンカバー” »

2013年4月22日 (月)

レモンピール

レモンピール

少し前のことになるけど、
レモンピールを作りました
2月は国産レモンのシーズンらしいです。
三重県産の完熟レモンが手には入ったので、一度作ってみたかったレモンピールを作ってみることに。
今回のレモンは、ちょっとオレンジがかった、ピール部分もデコボコが少なくツルリとしていて、香りも甘い感じ。
渋みも酸味も少なくて、レモンじゃあないみたい。
レモンピール作りは、毎日少しずつ、何日かかけて煮てゆきます。
皮は手で簡単に剥けたので、そのあとは、細長く切って、
たっぷりの水を張ったボウルに浸してやさしく押し洗いしたら水をかえること3度、
新しい水にさらして一昼夜おいておく。
ふっくらしたピールの水を切ったら、お鍋に入れて煮こぼすこと2回。
殆ど味がしないぐらいになったら、(ここでしっかり下処理しておかないと、ピールの仕上がりで、柑橘類独特の舌にピリピリする成分が残るの)ひたひたより少なめの水を入れて沸騰させたら、お砂糖をピールの半量の重さ分加える。
決して煮立てず、紙の落とし蓋をして、ふつふつするぐらいの火加減で20分ぐらい煮たら
火を止め、1日おく。
昨日と同じ量の砂糖を加えて決して沸騰させないようにして砂糖をしっかり溶かして、また1日おく。
煮汁が、かき氷のシロップぐらいのとろみになるまで砂糖を加えてまた沸騰させないようにして煮て1日おく。
沸騰させないよう温めて、また1日置く。
ピールが透明になったら、ペーパータオルにのせて、シロップを切る
ザルにきれいに並べて干す。
今年は色々心配だったので、室内で(^^;)
好みの固さまで乾燥したら、細目グラニュー糖をまぶして、クッキングシートにのせて一晩乾燥させれば出来上がり。
食べると、オレンジ?その後、とってもやさしいレモンの風味が残る感じ。
日本のレモンって奥ゆかしいのかしら...
青いレモンや、完熟していないレモンでもそれぞれ味わいが違うんだろうな〜
○月のレモンなんて...
ワクワクの思いつき!
今回、ようやくおいしくピールを煮ることができたので、
色々ピール作りやってみたいな。
保存して、お菓子も作りたいし...
ピールを煮た後のシロップは、とってもキレイな透明のレモン色。
酸味なんかは無くて、ほんのりレモンの香り。
夏のかき氷シロップや、レモネードのシロップに良さそうな感じ。
ギュッと絞った果汁とソーダでレモンスカッシュなんていいかも。
保存食を作っていると、昔の人は、たまたま出来たシロップなんかを使って、お菓子や、飲み物を工夫して、色々おいしく楽しんでいたんだなぁ〜っていつも思う。
時間がゆるやかに流れていて、ステキなこと。

|

« 4月のお知らせ。 | トップページ | “ペンカバー” »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レモンピール:

« 4月のお知らせ。 | トップページ | “ペンカバー” »